【メキシコ・クオリティ】ミシオン・コマンヒージャ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコの最大の魅力は何だと思いますか?

私は、良くも悪くも大らかなメキシコの文化だと思います。

とりわけ温泉についていえば、メキシコの大らかさがワイルドな源泉かけ流しを実現していることが多いのです…

グアナファト

スペイン植民地時代の雰囲気を色濃く残したコロニアル都市、グアナファトは世界遺産に登録されています。

Guanajuato, Mexico

Photo by Russ Bowling – Guanajuato, Mexico (2014) / CC BY 2.0

18世紀には世界で産出する銀の3分の1を供給したこの街は、その宝石箱のような夜景でも有名です。

美しい施設とメキシコ・クオリティ

グアナファト市街から車で1時間走ると、美しいホテルが現れます。

Appearance

ところが受付が言うには、客室のオートロックが壊れていて、扉を開けるには毎回係りの者を呼んでほしいとのこと。

チップ欲しさにうそをついているのではないかと不審に思いましたが、どうやら本当に全室壊れているようで、広い敷地内をスタッフが必死に走り回っています。

これがメキシコ・クオリティ、どこか憎めません。

Outdoor Bath

屋外の大きなプールにも源泉が注がれており、温泉らしさを感じることはできますが、落ち着いて入浴できる雰囲気はありません。

ワイルドな源泉かけ流し

ホテルの裏手には源泉井戸があり、見に行ってみましょう。

Source of the Spring

写真右手のプールは枯れて汚れていますが、左手の源泉井戸からは、沸騰した源泉が勢いよく噴出しているのを確認できます。

辺りには火山ガスを伴う熱気がムンムンとたちこめ、野生のリスたちがスチーム浴を楽しんでいます。

写真奥の小さな露天風呂はスパの利用者限定で、宿泊のみの客は利用できません。

新鮮な湯を楽しめるはずの場所で、設備も整っているようなのに入浴できないのは、非常に残念な点です。

Bedroom

客室に戻り、部屋に付属する温泉に浸かります。

蛇口をひねると、あまりに秀逸な泉質で、全ての不満が吹っ飛んでしまいました!

Indoor Bath

火薬の燃えたような亜硫酸ガス臭を伴う熱湯は、メキシコの温泉らしくコンディションが一定でなく、写真では黒い湯の花が溶け込んだにごり湯ですが、透明になる場合もあります。

湧き出たままの温泉をそのままかけ流す、ワイルドな魅力にあふれているのです。

まとめ

😆 ここがいいね!

湧き出たままの濃厚な源泉かけ流し

😥 ここがあと一歩

なし

Mision Comanjilla, シラオ, グアナファト州, メキシコ
評価
日帰り入浴 NO
宿泊 YES
公式サイト YES

ブログランキングに参加しています

コメントを残す