【適温は何度?】へメス・スプリングス・バスハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度の湯が適温ですか?

江戸っ子の風呂は熱いといわれますが、何度を適温とするかは個人の好みのみならず文化によっても規定されます。

アメリカに温泉は数あれど、アツアツの湯はほとんどありません。

確かに、ぬる湯の方が体への負担が少なく合理的かもしれません。

しかし、時には目の覚めるような熱湯でスカッとしたいものです…

国際気球フェスタ

ニューメキシコ州最大の都市、アルバカーキは世界最大の気球祭りで有名です。

Balloon Mob

Photo by Eric Ward – Balloon Mob (2006) / CC BY-SA 2.0

毎年10月の第1土曜から翌週の日曜まで、700もの熱気球が空を埋め尽くします。

へメス・スプリングス

アルバカーキから北方へ1時間ほど車を走らせると、周辺は火山帯であちこちに溶岩の流れた形跡があります。

アメリカ・インディアン(へメス族)の集落の前を通り過ぎてしばらくすると、森の一本道の両側に宿泊施設などが集まっています。

Jemez Springs

へメス・スプリングスの温泉街です。

温泉街には公衆浴場があります。

Old Bath House

こちらの廃墟はかつての公衆浴場で、ギグリング・スプリングス・ホットスプリングスの脇にひっそりと残っています。

1800年代後半に建造され、1941年の水害被害まで使用されました。

香り高いアツアツの湯

少し離れた場所に建つ、こちらが新しい公衆浴場です。

Appearance

日帰り入浴は25分$12$、50分$18と強気な値段設定。

貸切の小さな内風呂のみで、基本的にはマッサージとセットでの入浴を想定しているようです。

Private Tub

マッサージ台の奥の狭いスペースに、男女関係なく浴槽が並びます。

薄いカーテンで仕切られているだけで、プライベート感はありません。

しかし、その泉質が素晴らしいのです!

Water Outlet

左側の蛇口からは泉温80℃以上の猛烈に熱い源泉を、そのまま注ぐことができます。

火薬が燃えたような亜硫酸ガス臭を発し、火山性の優れた泉質であることが分かります。

この小さな浴槽に激アツの湯を注ぐのでは、さすがに我慢できません。

右側の蛇口から冷たい水を注いで温度調整できますが、実はこれが源泉を一晩寝かせた水で、水道水ではありません。

自分好みの温度にするためにいかに調整しても、源泉100%を楽しめる点が秀逸です。

まとめ

😆 ここがいいね!

目の覚めるような熱湯

😥 ここがあと一歩

狭すぎる入浴スペース

Jemez Springs Bath House, へメス・スプリングス, ニューメキシコ州, USA
評価
日帰り入浴 YES
宿泊 NO
公式サイト YES

ブログランキングに参加しています

コメントを残す