フージャー温泉, ニューメキシコ州

寂しいほど静かな温泉の街、トゥルース・オア・コンシクエンシーズ。

2017年に「新しい」温浴施設ができたというのでお邪魔してみました。


古アパートをそのまま利用

温泉は良いのにいつも閑散としているトゥルース・オア・コンシクエンシーズに、新たな日帰り入浴施設ができたと聞いてびっくり。

Exterior 1

来てみてまたびっくり、ボロボロじゃないですか。

1937年建設の歴史的建造物、フージャー・アパートが、街の片隅で朽ちるに任せていたのを、リノベーションするわけでもなく、そのまま一般に開放したようです。

そもそもHoosierとは、インディアナ州住民を指す俗語で、不器用とか生真面目といったニュアンスがあります。

Entrance

歴史を紐解けば、遠くインディアナ州からニューメキシコ州サンタフェに移住したLotz夫妻が、近所のオホ・カリエンテ温泉で温泉にハマり、当地に温泉付きアパートを建設するに至ったとのことです。

オンボロの建物をよく見ると、なかなか装飾が凝っていて素晴らしい。

Exterior 2

医療が未発達の時代のアメリカで、温泉が現代とは比べ物にならないぐらいの健康増進効果を期待されていたことは、アーカンソー州のホットスプリングスを見れば明らかです。

このアパートも、間違いなく富裕層向けだったことでしょう。

Outdoor Tub 1

営業時間は昼1時から夜8時半までと短く、入浴料は二人当たり30分5ドルの安値。

まるで商売っ気がありません。

Outdoor Tub 2

浴室は全部で四つ、全て貸切利用で、そのうち三つは露天風呂です。

露天風呂は新設されたものですが、バスタブが既製品のジャグジー。

この手の趣に欠ける温泉は私の敬遠するところです。

歴史的な内風呂

残る一つは内風呂で、アパートの中にあります。

Door to Indoor Bath

わずか5ドルで、広々とした空間を貸し切ることができます。

真新しいタオルも提供されて驚き。

Indoor Bath 1

ほとんど慈善事業のようにも思われます。

壁と一体になった浴槽は、三人が寝そべることができるぐらいの大きさがあります。

Indoor Bath 2

手前のパイプが湯口で、水面下に新湯が供給されます。

奥の水面部分に排水口があります。

Indoor Bath 3

投入量がそれほど多くないのが惜しいところです。

湯船の中は42℃弱に保たれ、ちょっとぬるいなぁという感じでした。

From the Tub

でも、歴史を感じる空間は魅力的。

営利目的で開放されているとはとても思えない、フージャー(不器用、生真面目)温泉でした。

Hoosier Hot Springs, トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, アメリカ
評価[2/5]
日帰り入浴可 (13:00 – 20:30)
宿泊不可
公式サイトなし

コメントを残す

Ken Springfield