グレンウッド温泉プール, コロラド州

Large Pool2

世界最大といわれる天然温泉プールは、アメリカコロラド州にあります。

冬場はスキー客、夏場はウォータースライダー目当てのファミリー層でにぎわう一大観光スポットで、温泉街はMost Fun Town in America(アメリカで最も楽しい町)として有力紙に紹介されています。


大統領の愛した温泉

グレンウッド・スプリングスへは、州都デンバーから車で2時間半のドライブ。

車社会のアメリカでは珍しいことに、鉄道(アムトラック)の駅から徒歩で立ち寄ることもできるのが特徴です(ただし運行は1日1便)。

その小さな町は、アメリカで最も名高い温泉街の一つです。

Hotel Colorado

第26代大統領、セオドア・ルーズベルトが好んで宿泊したことで、かつてはリトル・ホワイトハウスと呼ばれたホテル・コロラドが今なお営業しています。

狩猟の成果に恵まれず落胆したルーズベルトにホテルが贈った熊のぬいぐるみを、大統領の娘がテディと名付けたことでテディベアが生まれたという説もあります。

世界最大の温泉?

壮麗なホテル・コロラドでは、しかし温泉に浸かることはできません。

その東隣のホテル、グレンウッド・ホットスプリングス・ロッジは、世界最大といわれる温泉プールを備えています。

Glenwood Hot Springs Lodge

宿泊者は、プールの営業時間内(9時~22時)であれば自由にアクセスできます。

ホテルの設備は古めかしく、好みの分かれるところでしょう。

Bedroom

温泉プールは、明らかに日帰りの客をメインターゲットにしています。

開店と同時に途絶えることなく多くの観光客が入場していきますが、それを収容できる巨大な施設となっています。

Panorama

プールは二つに分かれており、手前のラージ・プールが123m×30m。

奥に小さく見えるセラピー・プールが12m×30m。

その総面積で、プールの形態をした温泉としては世界最大といわれています。

Large Pool1

プール脇に、1888年開業の公衆浴場の建物(現在はエステ棟として活用)が残っています。

アメリカ・インディアン(ユート族)が居住していたこの一帯は、ゴールドラッシュに伴い、1800年代後半には白人入植者によって完全に支配されることになりました。

その時から、温泉リゾートとしての歴史を歩んできたというわけです。

Water Slide

ラージ・プールは33℃程度のぬる湯で、加水されていて温泉らしさに欠けます。

ウォータースライダーが併設され子供連れにはピッタリですが、風呂を楽しむような雰囲気では全くありません。

Therapy Pool

セラピー・プールは、40℃前後の適温になっています。

温泉成分として多量の塩分を含むことから、湯あたりに注意が必要です。

ところが、強烈というほどではありませんが塩素消毒の臭いがあり、源泉の良さを堪能できません。

Source of the Spring

更に悪いことに、アメリカ人の多くは硫化水素の臭いを悪臭と捉えるため、施設の裏手で青白く輝く源泉池の湯を、わざわざろ過して使用しているのです。

プール脇にひっそりと設置された、噴水のような場所でだけ、ましな状態の源泉を体験できます。

The Original Glenwood Springs Cocktail

湯使いに難があるとはいえ、ロッキーの山々を背景にうっすらと白濁した湯をたたえる巨大プールは、見応えたっぷり。

アメリカの温泉を語るうえで重要な場所である以上に、多くの人々にとって魅力的な観光スポットであることは間違いありません。

People Soaking

Glenwood Hot Springs Pool, グレンウッド・スプリングス, コロラド州, USA
評価[2/5]
日帰り入浴
宿泊
公式サイトあり

そういえば…

温泉プールから徒歩3分のこちらの施設は、温泉の蒸気を利用した洞窟サウナです。

Yampah Hot Springs

ヤンパ温泉, グレンウッド・スプリングス, コロラド州, USA

温泉情緒あふれる硫化水素臭を身体いっぱいに浴びることができます。

コロラド州の温泉


アメリカの温泉

コメントを残す