ファイブ・パームス温泉オアシス, カリフォルニア州

サンディエゴから東方へドライブすること2時間半、乾ききったインペリアル・バレーの砂漠にヤシの木が生い茂る、絵に描いたようなオアシスが姿を現します。

そこに人知れずこんこんと湧く水が、温泉なのです。


サルベーション・マウンテン

Salvation Mountain

サルべーション・マウンテンは今や世界中から観光客が訪れる人気スポットです。

名もなきヒッピー、レオナード・ナイト(2014年死去)が、この奇妙なトラックの中で生活しながら、30年もの歳月を費やしてたった一人で作り上げたといいます。

Leonard Knight's Truck

当初は違法建築に過ぎなかったものの、2002年にはその特異性と芸術性が公に認められ、州の文化財に登録されました。

極彩色と宗教的なメッセージであふれる、さながら砂漠のオアシスです。

唯一無二の機構

サルベーション・マウンテンから40分のドライブで、ヤシの木が生い茂る本物のオアシスが出現します。

Dirt Road

オアシスまでにサラサラの砂で覆われた砂漠を通過する必要があり、うっかり車を停めると身動きがとれなくなる危険性があります。

インペリアル・バレーの夏場の最高気温は38℃を超えるため、立ち往生は死活問題です。

四輪駆動車で訪れ、固い地盤を見極めて停車してください。

Oasis

ヤシの下には12人くらいが入れる、深さ50cm程度の池が広がっています。

池の中央付近の底に設置されたパイプから、源泉が噴き上がっているのが分かります。

湧出点の温度は33℃のぬる湯で、取り立てて特徴のない泉質です。

Pool

小魚が泳いでいますが人工的なゴミは少なく、比較的清潔な状態に保たれています。

私が訪問した時、全裸の老人が一人で入浴していました。

水着の着用は任意(Clothing Optional)のようです。

Soaking

声をかけてみると温泉の管理人のようで、湯口となっているパイプを設置したのも自分だと言い張ります。

半信半疑で老人の言うとおりにパイプを手で塞いでみると、驚きました!

池の底が突然陥没して足が膝まで埋まり、まるで砂風呂のように状態が変化したのです。

Legs Sinking

パイプを設置しなければ至る所から源泉が噴出して、底なし沼のようになるのではないかと推測します。

唯一無二の機構のおかげで露天風呂としても砂風呂としても楽しめるオアシスの温泉は、ほとんど誰にも知られることがないまま湧き続けています。

5 Palms Warm Well Oasis, ユマ, カリフォルニア州, USA
評価[2/5]
日帰り入浴
宿泊不可 (温泉周辺でのキャンプ禁止)
公式サイトなし

コメントを残す


Ken Springfield