フェイウッド温泉, ニューメキシコ州

水着を着ずに入る混浴は、日本だけの文化でしょうか?

そんなことはありません。

アメリカにはベトナム戦争への反戦を発端として、既成の価値観に縛られた人間生活を否定するヒッピーがいます。

彼らの思想を源流とする混浴の文化が、アメリカ各地に存在するのです。


シティ・オブ・ロック州立公園

エルパソから車で2時間、シルバーシティ近郊の砂漠のど真ん中。

Watching the Sunset

Photo by John Fowler – Watching the Sunset (2014) / CC BY 2.0

突如として現れる奇岩は、3,000年以上昔の火山噴火の名残といわれています。

クジャクが主役

シティ・オブ・ロック州立公園から車で10分走ると、簡易なロッジも備えたキャンプ場があります。

荒野の中の一軒宿ですが、遅くとも1,800年代にはよく知られた温泉地であったようです。

Entrance

ここではクジャクが主役です。

彼らに近づいたり餌をやったりすることは禁止されていますが、人間に警戒心が無いため向こうから近寄ってきます。

Peacock

クジャクを放し飼いにするようなヒッピー的な雰囲気の施設でも、そこはさすがアメリカ

多様な価値観が認められ、共同浴場はClothing Optional(水着着用可)とClothing Required(水着必須)の2つのゾーン、それに加えて貸切露天風呂があります。

日帰り入浴料金はいずれも1時間13ドル。

Clothing Required Public Pools

こちらは水着着用必須のゾーン。

低木に囲まれた開放的なスペースに、大・中・小3つの浴槽があります。

水着着用可の混浴ゾーンには先客がいたので写真を撮っていませんが、同じような構造になっています。

黄味がかった泉質

こちらはBlue Moonという貸切露天風呂。

Blue Moon

8人は入れる大きめの浴槽の底から、この地域では珍しい黄味がかった源泉が供給されています。

源泉の温度は58℃で、かなり熱め。

3月の訪問でしたが砂漠の強い日差しと相まって、長湯は困難でした。

そして何より、ハエの多さには閉口しました…

Watsu

こちらはWatsuという更に大きな風呂。

色見以外は特徴に乏しい泉質ですが、砂漠のオアシスらしい雰囲気が素晴らしく、温度が高いため寒い時期にこそ訪れたい施設です。

Faywood Hot Springs, フェイウッド, ニューメキシコ州, USA
評価[3/5]
日帰り入浴YES
宿泊YES
公式サイトYES

ニューメキシコ州の温泉


アメリカの温泉

コメントを残す