【緩やかな貸切】エルドラド・ホットスプリングス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貸切風呂は好きですか?

一人になりたい時、あるいは家族とゆったりと過ごしたいなら、貸切を選ぶべきでしょう。

しかし貸切風呂というものは往々にして、壁に囲まれた狭い空間に押し込められ、開放感を犠牲にしなければなりません。

アメリカの砂漠で、「緩やかな貸切」という新たな選択に出会うまでは、私もそう思っていました…

グランドキャニオン

世界遺産に登録されているグランドキャニオンは、アメリカで最も人気の高い観光スポットの一つです。

Grand Canyon - Explored :-)

Photo by Airwolfhound – Grand Canyon – Explored (2014) / CC BY-SA 2.0

人間が誕生するよりずっと昔の20億年前の太古の地層を削りながら、今なお変化を遂げる大地の芸術。

アリゾナ州の州都、フェニックスはラスベガスと並んで、グランドキャニオン観光の拠点として知られています。

ヒッピー的な雰囲気

アリゾナの抜けるような青空の下、フェニックスから車で1時間走ると、そのキャンプ場はあります。

Rustic Office

事務所はキャンピングカーにバラックをつなげたもので、いかにもヒッピーコミューンのような雰囲気。

この施設には混浴の共同浴場と4つの貸切風呂がありますが、全てClothing Optional(水着着用可)、つまり全裸で入浴することができます。

奇妙な貸切風呂

この貸切風呂が非常に変わっているのです。

Entrance of Private Bath

敷地は木々に囲まれており、その茂みのところどころに通れるところがあります。

これが各貸切風呂への通路になっているのですが、驚いたことに鍵どころか扉さえありません。

いつでも誰でも侵入できてしまう、何とも無防備な構造です。

The Sunset Area

こちらはThe Sunset Areaという名前の貸切風呂。

大きな石造りの浴槽に、無色透明の源泉がなみなみと注がれています。

泉温は40℃程度とぬる湯で無味無臭。

Small Tub

その横には、小さなバスタブに同じ源泉が注がれています。

これら2つの浴槽から、ほとんど不必要に思えるほど広い貸切空間を眺めることができます。

From the Tub

広大な砂漠の一角をぜいたくに貸し切ったようでいて、その実、共用スペースとの境目は非常にあいまいです。

限りなく孤独に近いが、完全には孤独ではない。

それが、空間の無限の広がりを感じさせてくれました。

まとめ

😆 ここがいいね!

抜群の開放感

😥 ここがあと一歩

泉質の個性が弱い

El Dorado Hot Springs, トノパー, アリゾナ州, USA
評価
日帰り入浴 YES
宿泊 YES
公式サイト YES

ブログランキングに参加しています

コメントを残す