チャールズ・モーテル温泉, ニューメキシコ州

どんな未来を想像しますか?

かつて近未来と呼ばれた21世紀の今日。

数々の未来予想図が実現してきましたが、宇宙開発の分野はまだこれからのようです。

アメリカ南西部屈指の温泉街、トゥルース・オア・コンシクエンシーズのすぐ近くに、世界初の商業用宇宙港があります。


スペースポート・アメリカ

ニューメキシコ州がその財源確保のために消費税を上げてまで建設した、世界初の商業用宇宙港。

Land Rover Discovery Sport | Behind the Scenes

Photo by Land Rover MENA – Land Rover Discovery Sport | Behind the Scenes (2014) / CC BY 2.0

ヴァージン・ギャラクティック社が募集する宇宙旅行の拠点で、日本ではクラブツーリズムが公式代理店です。

高度100km以上の宇宙空間で、完全に無重力となる時間はわずか4分。

それに25万ドルもの大金を払える世界中の富裕層が、既に代金を支払い済みです。

2014年の試験飛行で墜落事故を起こして以来、プロジェクトが停滞していましたが、再び実現化に向けた動きが加速しています。

残念な露天風呂

スペースポートから車で40分走ると、当ブログでたびたび紹介しているトゥルース・オア・コンシクエンシーズの温泉街に到着です。

Exterior

その中で州間高速道路に最も近いこちらのモーテルは、露天風呂と内風呂を備えています。

露天風呂といっても、屋上に既製品のジャグジーが雑然と置いてあるだけ。

Rooftop

バルブをひねると45℃ほどの熱めの源泉が飛び出します。

これを、何の日陰も無く太陽光で熱されたジャグジーに投入するので、水道水で加水せざるを得ません。

Outdoor Tub

浴槽の樹脂の臭いも不快に感じられ、これはオススメできません。

シンプルな内風呂

内風呂は大部屋の中にカーテンで仕切られた狭い個室が連なり、それぞれが貸切になっています。

Bathrooms

へメス・スプリングス・バスハウスにそっくりの構造ですが、あちらは男女混合なのに対し、ここでは男女別に二つの大部屋に分けられています。

年季の入ったタイル張りの浴槽に源泉を注ぐと、決して特徴的とはいえないこの温泉街の湯を、自分だけの空間でじっくりと堪能することができます。

Indoor Tub

地球の恵み、温泉を体いっぱいに浴びてから宇宙に旅立ち、地球を客観的に眺める。

そんな夢のコンビネーションは、数年内に実現します。

Charles Motel & Hot Springs, トゥルース・オア・コンシクエンシーズ, ニューメキシコ州, USA
評価[2/5]
日帰り入浴
宿泊
公式サイトあり

ニューメキシコ州の温泉


アメリカの温泉

コメントを残す