イスタパン・デ・ラ・サル温泉(バルネアリオ・ムニシパル), メキシコ

東の空が白み始める頃、石畳に鶏の鳴き声が響き渡ります。

メキシコの公衆浴場の前では、常連客が列を作って開店を待っています。


イスタパン・デ・ラ・サル

メキシコシティ地下鉄1号線のObservatorio駅を降りたところの西バスターミナルから、2等バス(Flecha Roja)で直行2時間、または1等バス(ETN)でトルーカへ向かってそこから2等バス(Flecha Roja)でたどり着くのが、イスタパン・デ・ラ・サルです。

Ixtapan de la Sal

人口1万5千人のイスタパン・デ・ラ・サルは、プエブロ・マヒコ(メキシコ政府観光局が主導する、魔法のように魅力的な自治体を選出するプログラム)にも選ばれる、知る人ぞ知る観光地です。

イスタパンとはナワトル語で「塩の上」という意味で、デ・ラ・サルとはスペイン語で「塩の」という意味。

塩分を多く含む温泉が湧出することが、市の名前そのものになっています。

バルネアリオ・ムニシパル

Exterior

複数ある温浴施設のうち、セントロ(街の中心)の最も近くに位置するのが、バルネアリオ・ムニシパル(市営浴場)です。

日中は大変な人気で芋を洗うような混雑ぶりです。

Entrance

多くのメキシコ人に愛されていることの証拠ですが、落ち着いて湯浴みを楽しめるような雰囲気ではない場合がほとんど。

そこで今回は一番風呂にチャレンジすべく、日の出前から開店を待ちました(外部の写真のみ日中に撮り直しています)。

早朝6時の開店ぴったりに、10名弱の年配客と一緒に内部へと潜入します。

Ticket Counter

入場料は70メキシコ・ペソで、後述の個室利用も料金に含まれます。

さすがにこの時間に観光客や家族連れはいません。

地元の常連客ならではの、あうんの呼吸で、皆するすると水着に着替えて湯船につかります。

Lower Southwest

浴場内には係員がいて、四方の壁に上下2階にわたって設けられている個室を、順番に割り当てられます。

個室は内部から施錠することができますが、外部からはできません。

Locker Room

更衣を済ませ、脱いだ服の下に貴重品を隠し、入浴中に不審者が侵入しても気付けるように自分の個室の位置を覚えておきます。

浴場の中は暗く、サーチライト状の照明が隅に一か所しかありません。

Upper East

日光の差し込まない時間帯は、厳かな感じすらあります。

この正三角形の物体は、履き物入れです。

Boxes

日常の中の芸術といってもよいメキシコ人のセンスが感じられます。

温泉成分で褐色にコーティングされた浴槽は、複雑な形状をしながら全部で5つに分かれています。

両脇の円形の2つの浴槽に源泉が供給され、あふれた湯が中央部の大きなプールに流れ落ちます。

Upper Northwest

このプールは大人の胸まで浸かる深さがあり、ぬるく遊泳用です。

その横の2つの半月状の浴槽は、中央のプールと同程度のぬる湯ですが、入浴用に浅く作られています。

二階から眺めると、温泉の酸化の度合いの違いが分かります(源泉が供給される円形部のにごりが弱い)。

Stream

源泉の投入口は水面下にありますが、あふれた湯が中央のプールに流れ落ちる箇所を見れば源泉の供給量が分かります。

浴槽のサイズを考えれば、まずまずの湯の鮮度が保たれていると思われます。

円形の浴槽での泉温は38℃ほどで、決して熱くはありません。

Water Surface

しかし、塩分を多く含む泉質のため、身体の芯からぽかぽかと温まってきます。

時間が経つにつれて名湯ぶりを発揮するというわけです。

Lower Northwest

午前7時、入場からわずか1時間で次々と個室が埋まってきました。

メキシコの他の多くの温浴施設同様、日中は騒がしい温水プールになり下がってしまうのが難点ですが、時間帯を選べば、温泉通でもその泉質と浴場の雰囲気に満足できるはずです。

ここは眠い目をこすって、一番風呂に挑んでください!

Balneario Municipal “El Bañito,” イスタパン・デ・ラ・サル, メヒコ州, メキシコ合衆国
評価[4/5]
日帰り入浴可 (6:00 – 18:00、金・土曜のみ20:00 – 翌2:00の夜間営業あり)
宿泊不可
公式サイトなし

コメントを残す


Ken Springfield