ホットスプリングス(アーリントン温泉リゾートホテル&スパ), アーカンソー州

アメリカには8軒もの公衆浴場が乱立する温泉街があります。

ただし、このうち現役の施設は2つだけ。

栄華を極めたアメリカの温泉文化と、その衰退を象徴するホットスプリングスを旅します。


ホットスプリングス国立公園

アメリカで温泉と言えばアーカンソー州のホットスプリングスが最もよく知られています。

なにしろ市の名前が「温泉」なのですから。

第42代大統領ビル・クリントンが少年期を過ごしたこの街は、テキサス州ダラスから北東方向へドライブすること4時間半でたどり着く、州きっての観光・保養都市です。

今回は、全米初の国立公園であるホットスプリングス国立公園のバスハウス通りを徐々に北上し、最後に温泉ホテルを紹介します。

Lamar

8軒の現存する公衆浴場の建物のうち、南端に位置するのがLamar (ラマ―)です。

1923年~1985年に営業していたこちらの施設は、現在ではギフトショップとして活用されています。

Buckstaff

鮮やかな青いシェードを配した新古典主義建築の浴場は、現役施設のバックスタッフ (Buckstaff)。

1912年の開業以来、伝統的な入浴方法を堅持しています。

それはヨーロッパのクアハウスそのもので、小さなバスタブで入浴後、スウェーデン式マッサージなど決められた順序でサービスを受けるスタイルです。

Ozark

次に現れるのがオザーク (Ozark)。

1922年~1977年に営業していたこちらの浴場は、現在ではアートギャラリーとして活用されています。

Quapaw 1

スペイン植民地復興建築のクアポー (Quapaw)は、1922年開業の現役施設。

水着着用のうえ屋内の大浴場で入浴するスタイルです。

Quapaw 2

湯は無色透明で、最も熱い浴槽でも39℃程度のぬるめ。

温度調節のため加水されていて温泉らしさはあまり感じられませんが、塩素消毒の臭いはさほど気になりません。

Fordyce 1

1914年~1962年に営業していたフォーダイス (Fordyce)は、温泉街で最も高級な浴場でした。

そのゴージャスなたたずまいはアメリカの温泉・黄金時代を物語っています。

現在では国立公園のビジターセンターとして内部が公開されています(入場料無料)。

Fordyce 2

例えば、この物々しいバルブは、温泉入浴が医療行為として確固たる地位を確立していた時代の遺物です。

様々な温度に調整された温泉が様々な角度で浴びせられ、そんな様子を患者が眺めているうちに、うっかり治ってしまった病気もあったのでしょう。

Fordyce 3

体の不自由な客は、天井に設けれたレールからつり下がる板に乗って館内を移動したといいます。

今日でも近未来的に映る機構の数々は、医療の発達とともに無用の長物となりました。

Maurice

隣の浴場モーリス (Maurice)は1912年~1974年に営業していました。

現在は閉鎖されています。

Hale

最も古い浴場、ヘイル (Hale)は1892年~1978年に営業していました。

現在は閉鎖されていますが、他と異なり素朴な湯治場の雰囲気が感じられます。

実際、他の浴場の建てられた20世紀前半は違法ギャンブルが横行し、ギャングがはびこり市政の腐敗した時代でもありました。

異なる時代に建てられた浴場は、その時どきの空気感を現代に伝えています。

Superior 1

北端に位置するスーペリア (Superior)は1916年~1983年に営業していた浴場です。

現在では、温泉水で醸造したビールを提供するレストランとして人気を博しています。

Hot Springs National Park

浴場群の裏山では源泉が自噴しています。

湧出点の泉温は62℃。

露天風呂のように見える水たまりですが、足湯にすらできないほどの高温です。

この地域は火山帯ではなく、周辺に他の温泉地は存在しません。

地中2,400mまで染み込んで地熱で温められた雨水が、断層に沿って地表に湧出する、地質学的に珍しい温泉なのです。

そのため、火山由来の温泉にありがちな硫化水素臭などがなく、無味無臭です。

Drinking Fountain

一般的に臭いのする温泉を嫌うアメリカ人には受けが良く、街角の飲泉所も大変にぎわっています。

数ある温泉地の中でホットスプリングスがとりわけ盛況を呈したのは、人口密度の高い東海岸からのアクセスの良さだけではなく、その泉質が理由と考えられます。

アーリントン温泉リゾートホテル&スパ

スペイン風ルネサンス建築の優美な姿を見せる建造物は、1875年創業、その後火災により1924年に再建された温泉ホテルです。

Exterior

暗黒街の帝王アル・カポネの定宿であったのみならず、第32代大統領フランクリン・ルーズベルト、第33代大統領ハリー・トルーマン他、数々の要人が宿泊しています。

それだけの歴史があるにもかかわらず、大してリノベーションを受けた形跡が見当たりません。

Lobby

これまで見てきた浴場群とさして変わらない文化財級の建物が、現役でフル稼働しているのは驚きというほかありません。

浴場は3階にあり、バックスタッフ浴場と同じクアハウス形式なので、気兼ねなく入浴するというわけにはいかないかもしれません。

Bath House

温泉は屋外にも引湯されています。

ホテルを裏手から見下ろすジャグジー付きのプールは、塩素消毒の臭いが強く、これならクアポー浴場の湯の方がましでしょう。

Outdoor Pool

温泉ファンなら追加料金を払ってでもおさえたいのが、温泉付きの部屋です。

予約時にMINERAL WATERと書かれた客室を選択することで、スパと同じ3階の部屋をあてがわれます。

Bedroom

古めかしくも美しい客室の様子です。

一方、浴室は手狭で平凡に見え、トイレの横に浅めの浴槽が設置されています。

蛇口をひねると、ものすごい勢いで熱湯が注がれ、そのままでは入浴できる温度ではありません。

Hot Tub

裏山で体感した源泉の泉温に近く、間違いなくかけ流しでしょう。

しばらく自然冷却して、源泉100%に入浴することにしました。

特徴的な泉質ではないだけに、湯の鮮度の高さが際立ちます。

栄華を極めたアメリカの温泉文化と、その衰退を目の当たりにした一日の最後に、それでもなお湧き続ける温泉に身体を沈め、最高に贅沢な休日が終わります。

Arlington Resort Hotel & Spa, ホットスプリングス, アーカンソー州, USA
評価[2/5]
日帰り入浴可 (スパのみ)
宿泊可 (Web予約可)
公式サイトあり

コメントを残す


Ken Springfield