【炭鉱、原発、そして温泉】いわき湯本温泉 旅館こいと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉と産業の関係を知っていますか?

福島県・いわき市はエネルギー産業の浮き沈みに翻弄されてきました。

古くは常磐炭田の繁栄と衰退、現在は福島第一原発に近く風評被害に悩まされています。

そんな街に極上の温泉が湧くのは、偶然ではないのです…

Read more

【非日常の体験】シエラ・グランデ・ロッジ・アンド・スパ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉では泉質が最も重要なのでしょうか?

温泉マニアの私はそう思っていますが、多くの人にとっては温泉を取り巻く「体験」が重要なのだと思います。

きれいな宿、おいしい食事、行き届いたサービス、そして温泉―全てが満足できる非日常の体験であったとき、人はそれを良い温泉と呼ぶのでしょう…

Read more

【日本三古湯の現在】道後温泉 ホテル古湧園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有名な温泉地ほど、湯がいいのでしょうか?

道後温泉は日本三古湯の一つとして有名です。

しかし、湧出量が追い付かず、源泉かけ流しの湯を提供している場所はほとんどありません。

ほぼ唯一の例外であるホテル古湧園の樽風呂で、日本三古湯の現在を考えます…

Read more

【適温は何度?】へメス・スプリングス・バスハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにとって何度の湯が適温ですか?

江戸っ子の風呂は熱いといわれますが、何度を適温とするかは個人の好みのみならず文化によっても規定されます。

アメリカに温泉は数あれど、アツアツの湯はほとんどありません。

確かに、ぬる湯の方が体への負担が少なく合理的かもしれません。

しかし、時には目の覚めるような熱湯でスカッとしたいものです…

Read more

【横山大観の見た海】五浦観光ホテル 別館大観荘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大規模なホテルの温泉は、期待できないのでしょうか?

確かにその傾向はあり、小ぢんまりとした民宿の温泉の方が湯使いがいいことが多いのですが、例外もあります。

茨城県・五浦は近代日本美術のメッカであり、その美しい景観でも有名です。

そんな観光地の大規模ホテルに、特徴的なアブラ臭のする温泉が湧くのです…

Read more

【日韓問題】ハウス・オブ・シロアム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉を熱狂的に愛するのは、日本人だけでしょうか?

いいえ、お隣の国、韓国も負けていません。

多様な民族を受け入れるアメリカでは、韓国人コミュニティーも一大勢力です。

アメリカ人には一般的に理解しがたい強い硫化水素臭を放つ温泉が、彼らによって維持されているのです…

Read more

【蛍の光】紫尾温泉 旅籠しび荘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

露天風呂に入ると、なぜ気持ちがいいのでしょうか?

屋外で裸になることが許されるほぼ唯一の空間が露天風呂です。

裸になることで、四季の移ろいを、自然と一体となって感じることができるのです。

ちょうど梅雨の始まる頃は、蛍を観ながら入れる温泉もあります…

Read more

【有り余る足元湧出】ラ・パロマ・トゥー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足元湧出の温泉は貴重なものでしょうか?

通常、湧き出る温泉の真上に浴槽を設けるためには、源泉一つにつき一つの浴槽しか作ることができないため、その数は限られます。

ところが、アメリカ南西部屈指の温泉街、トゥルース・オア・コンシクエンシーズでは、足元湧出の温泉が有り余っているのです…

Read more